いつでも質問できるレッスン | 3か月で卒業する八王子音楽教室

八王子の短期集中型音楽教室、『ラクスタレッスン』校長の鈴木悠平です!

最近ありがたいことに多くの方からラクスタレッスンの詳細についてお問い合わせをいただきます。

このラクスタレッスンの特徴の一つとして、

「担当講師にいつでも質問ができる」

というものがあります。この仕組みは特に音楽初心者の方から非常に好評で、3か月で成果を出すにあたり不安払しょくに繋がる非常に大きなポイントだと多くの方からお言葉をいただいております。

今回はなぜこの質問可能の仕組みを作ろうと思ったのか、解説していきたいと思います。

 


悪い癖をつけないように

 

まず多くの音楽初心者の方が初めに陥りやすい問題の一つで、奏法に悪い癖がついてしまうということがあります。

例えばドラムではスティックの持ち方が代表的です。基本的にスティックは親指のお腹の部分で支えるのが一般的ですが、初めてスティックを握られる方は非常に違和感を覚える手の形です。実際のレッスン時に正しい持ち方を教わったとしても、次のレッスン時には全く違う握り方になっていなっているということは、私の経験上だけでも非常に多くあります。

ギターではネックを握りこんでしまうこと、ベースでは指の力加減、ヴォーカルでは姿勢などでしょうか?講師が見ていないレッスン時間外に、悪い癖がついてしまうことが問題だと感じていました。

成長が遅くなってしまう、ということもありますが、なにより奏法の乱れが原因で体を壊してしまうことに繋がることもあり、ここは徹底したいと考えています。
(楽器によって体を壊した経験がある、ベース講師岡本のはら先生の記事もぜひ読んでいただけたら幸いです。)

そこでラクスタレッスンでは、生徒さんに是非動画付きで質問をすることを強くおすすめしております。

是非ご自宅や、24時間365日使い放題のラクスタでご自身のフォームをスマホで撮影し、担当講師に送信してください。レッスン時間外でも担当講師による的確なアドバイスを受けることができます。

音楽レッスンで非常に重要なことは、「実際に見る、見せる」ということです。

担当講師への質問も文章では非常に伝わりづらいため動画にすることにより、レッスン時間外で悪い癖がついてしまうというロスを最小限にしていただければと思います。

 

 

質問をすることに抵抗感を持たないように

 

実はこのいつでも質問できるというシステムは、わたくしが当事業を始めるより前から個人のドラムレッスンで行っていました。

それは純粋に、初心者の方は非常に迷いやすいからという理由でした。

しかしながら現状、ほとんどの生徒さんは質問をしてきません。理由を伺うと「レッスン時間外に先生に質問することが申し訳ない」という理由がほとんどでした。

私は「そんなこと気にしなくていいです。質問したくなったら遠慮なくいつでも言ってください。」と口うるさく言っておりました。

徐々にレッスン時間外でも質問をしてくる生徒さんが増えてきたとき、ある変化がありました。

それは、通常のレッスンの時での生徒さんからの質問が増えたということです。

おそらく聞いたら必ず返してくれるということを体感して、生徒さんが質問しやすくなったのでしょう。

普段寡黙な方が、思いもよらない質問をしてきたときもあって「あ、この人はここに悩んでたのか」と、私自身初めて知るということも体験しました。

ラクスタレッスンでは、「いつでも講師に質問できる」と明言しております。その理由の一つとして、質問することに遠慮をしてほしくないということがあります。

何回同じ質問をしても構いません。質問の内容を吟味する必要もありません。分からないことを素直に担当講師にいつでも聞いてください。

初心者の方は当然分からないことだらけです。分からないことを放置することほどもったいないことはありませんし、なにより「なるほど!」と思っていただき、より音楽の面白さに気づけていただけたなら、我々にとってそれは何事にも代えられない喜びです。

 

生徒を見守り続ける

 

音楽ではなくても、何かを達成するためには孤独になる時間が発生します。例えば個人練習なんかもその一環ですね。

じっくりとご自身のフォームや音楽を冷静になって評価することは、上達のためには必要不可欠です。

しかしながら、その孤独な闘いが得意な方ばかりではありません。そんな方のためにも、この質問できるシステムが必要でした。

ラクスタレッスンでは、生徒さんへの回答内容も細かく講師に教育しております。

まず講師がやってはいけないことは、「無意味にほめること」「無意味に厳しくすること」「放置すること」です。

無意味にほめることも無意味に厳しいことも、モチベーションや技術力の低下、精神面に悪影響がでます。

なにより放置するなんてとんでもありません。「私のこと見てくれていない」という感覚を生徒さんに与えてしまうことは、生徒さんの向上心の低下、好奇心の低下、音楽を好きにならず最悪の結果に繋がってしまうことは想像できます。

ではどうするのか?

仮にドラムの生徒さんから質問のご連絡が来たとして、下記に私の返信として例文を書いてみました。

 

 

『演奏動画ありがとうございます!いい感じですね。以前より左手のふり幅が大きくなり、スネアの抜けがよくなっています。成果出てますね!

右足のバスドラがもう少し落とすようになるとドラム全体がグルーヴします。まずは、思い切って足全体を落とすようにやってみましょう。この時力はほとんどいりません!ハイハット<スネアドラム≦バスドラム、というような音量バランスになると理想的ですね。

次回は足がよく見えるように動画を撮っていただけますか?お待ちしてます!』

 

 

まず大切なことは現状がどうなっていて、次はどこに進むべきかを改めて生徒さんに伝えるということです。

そして生徒さんのアクションに対してしっかり反応することが、生徒さんの孤独との戦いをサポートすることに繋がります。

「いまの課題はこれ。次のステップはこれ。そして今確実に頑張っている!その調子。」

これを伝えることが教えるということなのではないでしょうか?

これを伝えることで、ぜひ生徒さんには反応してくれる講師がいるということを体験していただきたいと思っております。

ある意味育児教育ににているのでしょうか?私は育児経験はありませんし詳しいことは分かりませんが、共通している部分はあるのかと思います。

生徒さんも先生からしっかり見てもらえていると思っていただければ、これほどのモチベーション維持、技術向上に繋がることはないのではと感じています。

 


さいごに

いかがでしたでしょうか。

八王子音楽レッスン、ラクスタでは3か月で必ず上達していただくため、『生徒さんとのコミュニケーション』も徹底して大切にしています。

練習や知識、技術などもちろん大切ですが、なにより人との対話によって人は成長できると私は思っております。

どちらもその対話を怠らないことによって、初めて成果につながるし、その過程も心の底から楽しめるものになると私は信じています。

是非講師との有意義な3か月間を体験していただければ、我々も本望でございます。

 

また、公式Youtubeチャンネルでは講師の実際のレッスン動画も掲載しております。そちらも併せてご覧くださいませ。

ラクスタレッスン校長 鈴木悠平

 

[su_button url=”https://rakusta.jp/lesson” background=”#ea5b02″ size=”10″ wide=”yes” center=”yes”]「ラクスタレッスン」ページへ[/su_button]

 

ラクスタレッスンとは?

関連記事

  1. ヴォーカル初心者に必要な4つのポイント | 3か月で卒業する八王子音楽…

  2. 無人音楽スタジオ『ラクスタ』| 3か月で卒業する八王子音楽教室

  3. 講師とレッスンの紹介 | 3か月で卒業する八王子音楽教室

  4. ドラマーが忘れがちな3つのこと | 3か月で卒業する八王子音楽教室

  5. 生徒だけでなく講師にも喜んでもらえる音楽教室を

  6. ギターができると得られる『3つのいいこと』 | 3か月で卒業する八王子…

スタジオ・ラクスタ八王子北野店 アクセス

住所:東京都八王子市打越町344-6 地下1階
京王線「北野駅」 北口徒歩1分
営業時間:365日24時間営業
運営元:株式会社スタジオル